大腸がんを克服して生還せよ|挫けず続ける治療で生き残る

ドクター

大腸の悪性腫瘍

腹痛の女性

ポリープ検査は人気

大腸の悪性腫瘍は、一般的に大腸がんと言われています。そこで、大腸のポリープ検査を受ける方が多くなっています。その理由ですが、大腸がんの予防にもつながってくるからです。大腸がんの中には、大腸のポリープから癌化するものも多くあります。良性のポリープであれば、ほとんど問題ないですが、悪性化または悪性のポリープに関しては、将来的に大腸がんになってしまう可能性があります。つまり、そのポリープを早めに除去しておくことで、がんの予防になってくるという事です。ポリープがあっても、あまり自覚症状がないですので、検査をしてみないと分からない部分が多いです。ですので、ポリープ検査を受けて、早めに悪性のポリープを除去するのががんを悪化させない一番の方法と言えるでしょう。

患者数が増える可能性あり

大腸がんの今後ですが、今よりも患者数が増える可能性は十分にあります。今の日本は食が豊かになっており、多くの食品を食べられるようになっています。つまり、自分が好きなものばかり食べたりして、栄養が偏ってしまったり、食べ過ぎてしまって過剰摂取になっている人もいます。そういった生活をしている人も多いですので、そういう人たちが将来的に大腸がんになってしまう可能性がありますので、今よりも患者数が増える可能性があり心配されます。ただ、予防意識が高まっていますので、この予防意識が健康を意識する中年以降の人だけでなくて、若い人たちにも浸透してくると十分に、将来的な患者数を減らすことも可能でしょう。